2012年度事業報告

 事業スタートから2年目である2012年度は、実施体制の確立、企業・団体への支援の呼びかけ、どんぐり採取および育苗の参加者の募集、どんぐりの発送、事業全般にかかる管理データベースの構築を行いました。また、参加者の継続した取り組みを促進するべく、どんぐりに興味を持たせるワークブックの制作やウェブサイトにおける交流の場の提供や情報発信等、参加者へのサポートを重点的に行いました。

1 プロジェクトウェブサイトの開設・運営

 プロジェクトの目的や活動内容、進捗状況などを紹介する専用ウェブサイトを開設しました。なお、どんぐり育苗者募集期間には、専用申し込みフォームを設置して簡易申請を行えるようにしたほか、問い合わせフォームを作成して、参加者や本事業に興味をもつ方々からの質問に対応しました。

 また、育苗者に対して、「どんぐり成長レポート」として種まきの様子やどんぐりが成長する様子の報告を募集し、それぞれの報告を随時ウェブサイトに掲載しました。なお、グーグルマップを組み込んで報告した方の地域を示すことで、近隣に住むプロジェクト参加者同士がコメントし合うなど、参加者の交流も進んでいます。

  ウェブサイトへの「どんぐり成長レポート」コーナーへの四半期毎の投稿数は以下の通りとなっています。(2013322日現在)。 

 

投稿数

20124-6

9

20127-9

4

201210-12

19

20131-3

19

合計

51

 

2 どんぐり管理・配布・植樹データベースの構築

【データベース】メニュー画面
【データベース】メニュー画面

 どんぐりの採取~どんぐりの配布~育苗状態の把握~苗木の集荷~苗木の植樹の流れについて一元管理を行うためのデータベースを開発・構築しました。本データベースにより、①いつ・どこで・誰がどんぐりを拾い、②いつ・誰に・どこのどんぐりを発送し、③誰の苗がどの程度育っているのか、④いつ・誰の苗が・どこに集まって、⑤どこに植樹されたのかをトレースできるようにしました。併せて、採取地域の異なるどんぐりが混じることのないよう適切な管理体制も整えました。

 なお、育苗状態は2011年度に送付した育苗者に対してヒアリングを行い、データベースに登録しました。今後の経過についても継続して追跡調査を行います。

3 参加者の募集

 2012831日より、今年度のプロジェクト参加者募集を開始しました。募集に際しては、助成金により募集チラシ(A4、表カラー・裏単色、30,000部)を作成し、全国の自治体をはじめ、地域で環境活動を行っている子どもたちの全国組織「こどもエコクラブ」、国土緑化推進機構が実施している「緑の少年団」、全国森林インストラクター等、環境保全・森林保全に興味のある団体にも配布し、参加者を募集しました。また、ウェブサイトには専用申し込みフォームを設置、簡易申請を行えるようにして、広く一般に参加を呼びかけました。

 2013328日現在、2012年度の参加者は47都道府県、7,661名となっています。

4 どんぐりの採取と配布

 ■どんぐりの採取

 20129月から11月にかけて、岩手・宮城・福島の3県の森づくり団体等の協力を得て、近隣の森林や公園等でコナラ、クヌギを中心に約100kgのどんぐりを採取しました。

また、子どもたちも参加できる「どんぐり拾いバスツアー」を企画し、各県で1回ずつ実施しました。実施に際しては、現地で放射線量の測定を行い事前に安全を確認するとともに、地域NPO等の協力のもと、どんぐり拾いに加えて自然観察やクラフト等の体験プログラムを行い、参加者が自然に親しむ機会となるよう工夫しました。なお、宮城県、福島県のイベントについては本事業に賛同する企業の協賛を得て実施しました。

 さらに、国土緑化推進機構と美しい森林づくり全国推進会議との共催で実施した「海岸林視察&どんぐり拾いツアー2012」では、農林水産省「みどりの大使」に任命された『葉っぱのフレディ』と一緒に被災地を訪れ、現地の子どもたちと一緒にどんぐり拾いを行いました。同時に、海岸林や被災地の現状を見学したり森と木を活かして復興に取り組む工房や復興に向けたイベント等を訪れたりして、被災地の方々と交流を深めました。

○「海岸林視察&どんぐり拾いツアー2012

日 平成24929日()~30日(日)

場 所:宮城県登米市・南三陸町

宿 泊:宮城県志津川自然の家(宮城県本吉郡南三陸町)

参加者:37名(内プロジェクト参加者9名)

活動概要:海岸林・被災現場等の視察、どんぐり拾い、塩害木の整理体験、被災地復興市の参加など

○岩手県 どんぐり拾いツアー

日 時:平成241021() 10:0015:30

場 所:滝沢森林公園(岩手県岩手郡滝沢村)

参加者:7

活動概要:どんぐり拾い、拾ったどんぐりの種類の確認、自然観察など

協力団体:岩手県環境学習交流センター、岩手県環境アドバイザー

○宮城県 どんぐり拾いツアー

日 時:平成24年10月27日(土)9:30~16:30

場 所:国立花山青少年自然の家 南蔵王野営場(宮城県白石市)

参加者:59

活動概要:どんぐり拾い、拾ったどんぐりの種類の確認、自然観察、野遊びなど

協力団体:NPO法人サイカチネイチャークラブ

協 賛:株式会社ナムコ

○福島県 どんぐり拾いツアー

日 時:平成24年11月10日(土)

場 所:ふくしま県民の森フォレストパークあだたら(福島県安達郡大玉村)

参加者:12

 

活動概要:どんぐり拾い、拾ったどんぐりの種類の確認、自然観察、ネイチャークラフトなど

協力団体:財団法人ふくしまフォレスト・エコ・ライフ財団、福島県「もりの案内人」

協 賛:株式会社ナムコ

 なお、採取したどんぐりは当協会にて水洗いし、虫食い等で芽が出ないものを取り除いた後、産地の異なるどんぐりが混じることのないよう梱包して、冷蔵倉庫で管理湿度にて適切に保管しました。

育て方マニュアル
育て方マニュアル

 ■どんぐりの配布

 チラシ、ウェブサイトから申込のあった育苗参加者に、採取したどんぐりを随時配布しました。その際、プロジェクト目的等の説明のほか、どんぐりの種まきの方法についてイラストを交えて詳しく説明した「育て方マニュアル」(2011年度作成、2012年度増刷。A5版、フルカラー、16ページ)を一緒に配布しました。参加者には、送られてきたどんぐりを植木鉢、ポット等に植えつけ、50~60cmの大きさになるまで(2~3年間)手許で育ててもらいます。

5 参加者に対するサポート

どんぐりワークブックの内容
どんぐりワークブックの内容

■ワークブックの作成

 発芽したどんぐりが植樹できる程度の大きさに育つまで23年間かかることから、参加者へのモチベーション維持とどんぐりへの知識・興味を深めてもらうことを目的として、どんぐりや木の葉っぱを素材として楽しみながら自然に親しむプログラムを掲載したワークブックを10,000部作成しました。身近な素材で簡単に取り組める工作やクッキングを紹介しているほか、日本で見られる主などんぐりとその分布、見分け方を紹介するとともに、普段あまり注目されないどんぐりの花や冬芽などにも目を向け、一年を通してどんぐりに親しんでもらえるよう工夫しました。プロジェクトの参加者のほか学校の先生や自然体験指導者などに配布し、自然体験プログラムの企画・実施に活用してもらう予定です。

■成長レポートへのコメント送付

 どんぐり育苗者からウェブサイトに投稿された「成長レポート」に対して、随時事務局コメントを記載し、種まきのコツや参加者へのエール等を送りました。各報告に対してコメントを送ることで、参加者の皆さんにプロジェクトに参加しているという意識や種まきの達成感を感じてもらえるよう、きめ細やかに対応しました。

6 事業の広報

■ウェブサイト等を通じた情報発信

 事業の概要、イベントの告知や実施報告、参加者からの成長レポートの常時発信に加え、参加団体が実施する「種まきイベント」等を取材して現地の様子を広くアピールしました。更に、プロジェクトのアカウントによりツイッター及びフェイスブックページを開設し、ウェブサイトと連動したリアルタイムな運営を行っています。

「エコプロダクツ2012」のブース出展
「エコプロダクツ2012」のブース出展

 ■環境関連イベントや冊子との連携

 201210月にミュージカル「葉っぱのフレディ」横浜公演が行われた際、会場に事業紹介のパネルを設置しました。また、12月に開催された「エコプロダクツ2012」の企画展示「森林からはじまるエコライフ展」では、パネルを展示したほか、来場者向けにどんぐりに興味をもってもらえるようなプログラムを提供し、事業の紹介及び広報を行いました。さらに、プロジェクトの活動の様子を、林野庁が発行する広報誌「林野」11月号にて詳しく紹介していただきました。

 また、20121030日(火)に行われた林野庁主催の「『みどりのきずな』再生プロジェクト 民間団体との連携に向けた説明会」では民間団体の活動事例として、2013228日(木)の「グリーンウェイブ2013キックオフ・フォーラム」(会場:東京都港区エコプラザ)では「東北復興グリーンウェイブ」として、プロジェクトの概要を紹介しました。

7 次年度の活動計画

 2011年度に配布したどんぐりは、2014年度の春頃には植樹できる状態に育つものも出てくることでしょう。そこで、プロジェクト3年目となる2013年度は、どんぐりの採取は最後とし、被災各地の自治体やNPO等との協議・調整を行いながら、植栽地候補地の選定に着手していく予定です。また、どういう形で苗木を送ってもらい、どう保管して、どう植えるのかといった植樹体制づくりを行ってまいります。

活動報告

投稿はこちらから

どんぐりの様子レポート」「被災地応援メッセージ」はこちらの投稿フォームからお送りください。

どんぐり成長レポート

プロジェクトDに参加していただいてる全国のみなさんから送られてきたレポートを一部ご紹介していきます。詳細>

2016年

8月

10日

大きくなったよ!(今川こども自然クラブ)

今川こども自然クラブ(静岡県)

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

26日

どんぐりをお返ししました(あしよくらぶ)

あしよくらぶ(愛知県名古屋市)

続きを読む 2 コメント

2016年

4月

24日

どんぐりをお返ししました(KOUZUKI)

株式会社KOUZUKI(千葉県木更津市)

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

24日

どんぐりをお届けしました(BS横浜27団)

ボーイスカウト横浜27団(神奈川県横浜市)

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

21日

どんぐりをお返ししました(思いとどけ隊)

思いとどけ隊(山形県山形市)

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

24日

どんぐりをお返ししました(済美高校)

済美高校 食物科学コース(愛媛県松山市)

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

06日

植樹祭に参加しました(日東ベスト)

日東ベスト株式会社(山形県寒河江市)

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

01日

背丈がのびたよ!(済美高校)

済美高校(愛媛県松山市)

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

31日

苗木を届けました(BS横浜27団)

ボーイスカウト横浜27団(神奈川県横浜市)

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

31日

苗木を届けました(大沢中)

相模原市立大沢中学校緑化委員会+園芸部(神奈川県相模原市)

続きを読む 0 コメント

本事業は平成24年度「緑の募金」(東日本大震災復興事業)の支援を受けて実施しています。

  • ホーム
  • email
  • pagetop